So-net無料ブログ作成

UPADはすばらしい。 [COOL!!]

またしても久しぶりの更新になってしまった。。。


さて。

周囲にはiPad2を持っている人が増えてきたわけですが、
私の初代iPadはまだまだ現役!

現在のiPadの画面ショット。メモ代わりに。
wall.JPG

というか、ここにきて利用頻度が俄然上がってきて、iPhone同様手放せなくなってきている。

原因となったのは、
UPAD」「Nozbe Todo」「Flipboard」の3つのキラーアプリ。


UPADは手書きができるメモアプリ。

iPhoneのフリックに慣れてしまった私は、iPadのオンスクリーンキーボードに馴染めず、
Bluetoothキーボードを買おうとしていたわけですが、色々考えた結果、これを買うことにしました。
ipad.JPG

いわゆるタッチペンです。
このペンで直接メモを書いてやろうと考えたのです。

手書きのメモ帳はモレスキンのカイエを使っているのですが、iPadだけですませちゃえるのでは?と思い、試してみることにしました。

結果は予想以上にいい感じでした!これは使えるなと実感。
しかも会社のMTGにiPad抱えて参加するなんて、なんともカッコイイ!!(笑)

*画面はPenultimateというアプリ
penu.JPG


しばらくは満足して使っていたのですが、少し経つとある不満が。
それは、画面上には文字をあまり細かく書けないことです。

認識性の問題があるのか、iPad用タッチペンは総じて太め。
せっかくモレスキンの2倍ぐらい書くスペースがあるのに記述量は半分以下。
デジタルデータなのでページを何枚使っても経済的には全く関係ないのですが、1頁でまとめたいこともある。

そんな中でたまたま見つけたのが、このUPAD。
upads.JPG

ものの見事に不満を解決してくれたアプリ!
一言でいうと、「大きく書いて小さく表示」することができる。

すばらしい!

ほぼ手書き同等の使い心地になりました。
upad.JPG

使い始めて2ヶ月弱経ちましたが、今は議事をとらないといけないMTGにはパソコンを持ち込んでタイプ、ちょっとした打合せやひとりブレストなどにはUPAD、と使い分けしてます。

UPADで書いた手書きメモは定期的に見直して、いらないものは削除し、保存したいものはメール経由でevernoteに保存したり、必要な部分のみテキストにおこしたりしてます。


全てをデジタルにする必要はないと思いますし、紙に書いた方がインスピレーションが沸くこともある。いいとこ取りするのが一番ですね。

ということでiPhoneありの、iPadありの、ノートパソコンありの、モレスキンありの、時々ノートパッドありで、どんどんカバンが重たくなる今日この頃なのでした。(笑)

(残りの2つ「Nozbe」「Flipboard」については、そのうち書きたいと思います)



★タッチペンはこれを使ってます♪

スマートペン ブラック PBJ-92

スマートペン ブラック PBJ-92

  • 出版社/メーカー: パワーサポート
  • メディア: エレクトロニクス



メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。